地震を予知することで被害を最小限にできる

  1. ホーム
  2. 備えることを大切に

備えることを大切に

グラフ

地震を知る

2011年3月11日の東日本大震災から6年が経とうとしていますが、今日においても日本では熊本地震や鳥取中部地震が起き、皆さんも震災に対する意識と不安が高まっているのではないでしょうか。地震を専門とする研究者の間においても近い将来、大きな地震があるのではないかとする声もあります。その一つが関東地震です。しかし、予測される震災に不安だけを抱いていては、実際に地震が起きたときにどのような行動を取るべきか分からないことが予想されます。私たちは予測される関東地震に対して自分の身を守る策を考え、その前提として自身についての知識を得る必要があります。関東地震に対する防災に関して、特徴的になるのが、被災地となる地域が首都の中枢機能を持つことでしょう。政府は予測される関東地震に対し、経済や交通面の強化を促進することが期待されます。また現代の技術発展に伴い建物の感震ブレーカーの設置や、耐震化が特に関東では期待できるでしょう。これで全て安全とは言えるわけではありませんが、これらの関東地震に向けての対策を知り、その上で自分が取るべき行動を考えることも重要でしょう。

防災を身近にする

予測される災害やそれに対する、対策を考えられればあとは実際に備える準備をすることです。私たちが身近にできる防災と言えば、防災グッズでしょうか。しかし、すでに大きな地震が予測されている今日においてはそれに備えて、自治体や企業において災害対策は行っています。また、都市やその近隣で予測される関東地震においては特に、救援物資の準備には力を入れているでしょう。それを踏まえて準備すべきは、各々に必要なものを集めたオリジナルの防災グッズです。また、自宅が戸建ての場合もあれば、マンションのご家庭も多いでしょう。高層のビルが多い関東においては、地震のリスクに強い鉄筋コンクリートの建造物も多いはずです。生活様式が多様化する現代においては、その多様化に対応するために各自治体や建造物ごとに避難のマニュアル等が作成されていることが多いので、私たちがそれを把握することも重要です。