地震を予知することで被害を最小限にできる

震災多発で防災意識に変化

グラフ

世界が賞賛するシステム

東北や熊本などで巨大地震が頻発し、日本列島は地震活動が活発な状態になっている事から、災害に対する国民の関心は非常に高いものになっています。この事から防災意識への変化も生まれ、事前に地震を予知する事に関心が寄せられています。日本においては現在、皆さんも良くご存知の緊急地震速報が実用化され運用されています。このシステムは大きい揺れが来る数秒前に、携帯電話やテレビなどを通じて警報を発令し、強い揺れに対する身構えをする時間を与えてくれます。このシステムは日本独自のシステムであり、世界では事前に強い揺れが来ることを知らせるこのシステムは驚きと共に賞賛されています。緊急地震速報は事前に揺れを知らせるものではありますが、予知には含まれないとされています。

観測網により前兆を捉える

地震多発国として世界有数の日本ですが、現在の観測網や技術では予知が可能と期待されているのは、駿河湾沖を震源とするマグニチュード8クラスの東海地震だけです。この地震は過去に一定の周期にて、巨大地震を起こしている事が文献などから分かっております。この事から現在、予知研究が進められており、東海地方を中心に観測網が敷かれています。海上保安庁や各大学、国の機関などが共同で観測網を整備して、東海地震の前兆現象をとらえて予知する事で、強い揺れや大津波から国民の命を守る事ができるかも知れないと期待されています。なお、前兆現象をとらえて何らかの予知情報が発表される場合は、気象庁から発表されることになっています。

アプリで災害対策

災害

地震予測にはリアルタイムに受け取れる正確な情報源が費用ですが、スマートフォンやタブレットを使えばそれが可能です。これを使ってニュースをチェックするのはもちろん、災害後の連絡もできるので何かと便利に使えます。またアプリでさらに便利な情報収集ができますので、一つは端末にダウンロードしておくべきです。

備えることを大切に

グラフ

近い将来、関東地震が発生するという予測が発表されています。全国で大きな地震が発生している現代、私たちは震災に対する不安を抱え、政府や企業は地震に備えてその危険性を訴えかけるとともに交通機能等の強化の促進を図っています。そんな中で私たちが今、するべきことは生活様式に応じた防災を考えることです。

命を守る行動をするために

地図

現在の技術だと、地震を何日も前から予測することはとても難しいのが現状です。地震が起きる数秒前を知らせるシステムは確立されていますが、それによって行える避難行動は限られています。そのため、日頃から防災の意識を持ち、集合場所を家族で話し合うなどしておくことが大切です。